« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

アニキと愉快な仲間達

熱田の森ロボット競技会に来賓の一人として出席してきた。
普段は仕事中でもカジュアルな格好なので、スーツ姿での1日はとても疲れるcoldsweats01
しかし、参加者の熱心な姿を見ていると、自分もやる気が充填された感じがする。
この熱が冷めないうちに、新作の設計を進めてしまおう。

Dscn2455 会場でデモランをしていたアニキ氏から、基板を譲って頂いた。
これで私も、愉快な仲間達の一員かなwink

Dscn2456 前に作った8輪だと、構造が複雑なため、基本的なトレーサー用ソフトを作るには不向きだと感じたので、シンプルなトレーサーを作るために利用させてもらうことにした。いや、自分で新規にハードを設計し出すと、きっとまた尖った設計にしてしまいそうなのでcoldsweats01

Dscn2457 ネジ径や取り付けピッチが違うのでマウントは作り直さないといけないけど、前の8輪トレーサーのモーターやタイヤは使えそうな感じ。

9月の初級者大会でデビュー出来るように頑張ってみようhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Windows XP

U宮さんがAPEC大会で優勝&FastestRunを獲得とのこと。おめでとうhappy02
私は優勝することが出来ないでいるが、同じ中部地区のメンバーであり、(大学の)後輩でもある方々が活躍するのは、誇らしいこと。……ちょっと悔しいけど。
まあ、自分に出来る範囲で頑張ろうwink

閑話休題

さて、kitMillの組み立てはちょっとお休みして、WindowsXPの新規インストールをやっていた。サポートの終わったXPなんて今更…なんだけど、マウス開発用の古いアプリを使うには便利なので、ウチでは今でも現役だったりするcoldsweats01

現在メインで遣っているWindows7機は、2年ほど前に組み立てたものだけど、それよりにWindows7をインストールしたPCがあり、これを最近殆ど使っていなかったので、超速XP機として再構成することにした。

このPCでは、AMD(ATI)のRadeon5870を使っていたけど、RadeonはXP環境だと2Dがやたらと遅く、例えばPCBEやガーバービューアで画面の拡大縮小をしたりすると、最近のCPU内蔵グラフィックよりも遅いpout

ネットで調べてみると、RadeonはHD2000からハードウェアによる2Dアクセラレーションが削除されたとかで、速くするには古いX1950とかに戻さないといけないとか。こんなこともあろうかと、さらに古いPCで使っていたRadeon X1950PROを残してあり、今回、それを使おうか……と思ったけど、古すぎてDVI端子しか付いてないことに気づいたcoldsweats02

いや、DVIでも良いんだけど、4Kモニタを使っている以上、DisplayportのKVMが4Kに対応したら導入しようと思っているので、できればDisplayportも欲しいなぁと。

Dscn2449ということで色々調べたところ、NVIDIAのGeForceならXPの2D性能もそれほど低くないということなので、GeForceの中で値段もそれほど高くないGTX760を購入した。流石にGTX980はもったいないし。
あと、OS用ディスクもSSDを新しく手配。古い128GBのSSDがあるけど、新しいものの方が耐久性もアップしてし、値段も昔より安かったので。

Dscn2448 で、PCを一度バラして隅々まで清掃。
吸気ファンにフィルタが付いているケースなので、目を覆いたくなるような汚れはないけど、小さな塵は付着してるし、CPUクーラーのフィンには埃が溜まっていた。

再度組み立てて、OS入れて、ドライバ入れて、各種アプリを入れて……と、なんだかんだで1週間ぐらいかかってしまった。疲れた……。まだ全部のアプリを再インストール出来ていないけど、まあ、あとは使いながら追加していこう。

因みに、紙書籍の自炊用環境も再構築しないといけないので、Adobe Acrobat9の再インストールもやったんだけど、これのアップデータがAdobeのWebサイトから消えていて、それらの再取得や、膨大なパッチを当てるのに苦労したwobbly

自分にとって最後のXP機だろうし、マウス製作を止めるまで壊れないで欲しいなwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KitMill組立日記09

やっぱり、平日は作業をしても、blogを更新するまでの時間は確保出来ず。
更新は出来なかったけど、色々と作業は進めていたcoldsweats01

Dscn2444 大体の組み立てが終わったので、足の下に防振ゴムを装着した。
台座となるアルミ板の下にも防振ゴムを敷いたけど、硬度が高いせいか、あまり効果が感じられなかったので、これは、最終手段として買っておいたものwink

Dscn2441防振用ゴムは色々あったけど、値段や扱いやすさを考慮して選んだコレは、ナベヤのシロディンっていう防振パッド。monotaroでもミスミでも、50mm角の25mm厚が800円程度で購入出来る。使用用途に応じて、種類や硬度が沢山あるけど、動的特性に優れているという種類の、2番目に柔らかいものを選んだ。

Dscn2442 但し、このままKitMillに取り付けられている足の下に敷くと、柔らかい素材のため、パッドに足が食い込んでしまうので、端材のFRP板を挟むことにした。因みに、このFRP板、6輪マウスの試作のときのもの。もう約10年前かぁ……coldsweats02

Dscn2443で、これをPCBカッターで切断して、貼り付けた。……けど、KitMillに付いている足が樹脂製なので、FRPだけだと滑ってしまい、不安定な感じがしたので、足との接触部分には、防塵箱のアルミフレームの下に取り付けたゴムシートを30mm角に切って取り付けておいた。まあ、滑り止めになれば充分なので、ビニルテープとかでもよかったんだけど、余っていたのでbleah

まだ切削無しで、テーブル動作だけの状態での確認だけど、効果絶大の予感。
机や床面に伝わっていたモータの振動が、殆ど感じられなくなったhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KitMill組立日記08

ちょっと仕事が立て込んでいたので、しばらくの間、気分転換にチマチマとした作業をしたり、物の発注ぐらいしか出来なかったけど、大きな仕事の一つが片付いたので、今日から作業再開happy01

Dscn2438先ずは、先週の中部支部月例会に持って行った、ジェットクーラーのネタから。これは、コンプレッサーからの空気を送り込むだけで、外気温-30℃の冷風が得られるという、夢いっぱいのアイテムlovely

工学院でコンプレッサーを買ったというので、月例会の時に試させてもらったんだけど……ある程度予想していた通り、ホビー用には無理っぽい感じcoldsweats01

Dscn2439 使用する空気の量が桁違いで、DIY用の1馬力程度のコンプレッサーでは、直ぐにタンクが空になってポンプが始動してしまい、全く使い物になりませんでした。残念gawk

切り子を吹き飛ばす方法は、もうちょっと考えようwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »