« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

養生テープ

Dscn2586 ちょっと変わった養生テープを購入した。

50mm幅は大きすぎるので、これまでは25mm幅を使っていたけど、もう少し広幅なのが欲しいな……ということで、38mm幅wink
本当は青か赤が欲しかったけど、お気に入りの寺岡製作所Pカットテープ4140の38mm幅だと、1個で購入出来るところを見つけられなかった。残念。

で、それを探している途中で、もっと小さい養生テープを売っているのを発見したので、買ってしまったのが右のモノ。

Dscn2585 つい、カッとなって、全色買ってしまった。
……と思ったら、赤がなかったcoldsweats02 買い忘れたかな?

しかし、小さいから大会遠征には良いけど、使い勝手は……bleah

Dscn2587 あ、寺岡4140で黒もありましたよ>S先生@工学院

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑事

Dscn2581 確か6月だったか、中部支部の月例会に来た人なら解るかな。アレのスイッチの交換と、ドアホンの方にもスイッチの増設作業をした。

これで、月例会のときの来客対応が楽になる……なるといいなぁconfident

ただ、こういった雑事に追われて、なかなか自分のロボットの作業時間が取れない。しかし、これもマウス活動のために必要な作業の一つ。言い訳にはならないので、新作トレーサーの組み立ては明日から頑張ろうwink

……あ、明日はロボトレの新作ゲート試作の部品が、ミスミから到着するなぁcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャフト加工2

Dscn2579 本当は、右のラジコン用シャフトを自分で追加工するつもりだった。

昔はボール盤にチャックして棒ヤスリと薄刃の金鋸で加工したけど、今は旋盤があるし、細い突っ切りバイトがあれば綺麗に加工できるかな……と考えていた。

しかし、調べてみると、0.5mm幅の溝加工するバイトは自分で作らないとなさそうだし、だんだん面倒になってきたところで、ミスミで追加工賃込み\480/本で手に入ることを発見。作業出来る時間も限られているし、迷わず注文したwink

Dscn2580 ということで、これでチルト機構のヒンジ部分が出来た。

あとは全体の組付けをしてハードウェアを完成させよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャフト加工

Dscn2570新作トレーサー用の部品を加工した。

murataのポテンションメータにはめ込む部分はφ0.8のDカットなので、先ずはφ2のステンレスシャフトをφ0.8まで頑張って追加工。

しかし、細すぎて回転センターでは押さえられないし、ドリルチャックに内径2mmのベアリングを咥えさせて、反対側の端部をそれで保持すれば簡単に加工すれば出来るのでは……と考えていたんだけど、加工するシャフトの長さが短すぎて届かなかったcoldsweats01

結局、シャフトの加工部分を可能な限りチャックに近づけて咥えて、少しずつ削ることで、2回ほど失敗の後に満足のいくものが出来た。

Dscn2571 その後、Dカット部分は、フライスで加工するつもりだったけど、面倒になったので、ダイヤモンドヤスリで少しずつ削って加工。まあ、データシートにDカットの寸法が書いてないので、現物合わせしないといけないし、あせらずゆっくり加工することで、なんとか完成wink

こんな面倒な加工、もう二度とやりたくないなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北参戦

Dscn2568 3年ぶりに東北地区大会に参加することにし、切符を手配してきた。
なお、飛行機で山形空港へ飛び、レンタカーで長井へ…というルートも検討したけど、航空券が結構高い上に、10月10日の帰りの便が空いてなかったので、今回も素直に新幹線で行くことにした。

しかし、久しぶりに入賞して山形の美味いモノをゲットだぜ!……と思っていたら、U宮さんもエントリーしてるしぃ~coldsweats02

……うん、今度はちょっとマジメに調整しようwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾大会(観光、その他)

既に帰国して1週間近く経過したけど、なんだか疲れ気味gawk
まあ、昨日は中部支部月例会、一昨日は高校の同窓会で外出だったので、ゆっくり出来るお休みがなかったからかもしれない。

ということで、観光についてとか書こうと思っていたけど、U宮さんのブログが充実しているので省略。行動力のあるメンバーのおかげで、とても楽しい観光でしたwink

Dscn2559 次回への備忘録として、プリペイドSIMやルーター等の話をまとめておくことにする。渡航前に調べた情報と、現地で実際に使用してみた結果とは、少々違っていたところもあったので。
(keyword : 台湾、SIM、Aterm MR03LN、Aterm MR04LN、SH-06F)

1)桃園空港でのSIM購入場所
 到着フロアにあるSIM売り場が混んでいても、素直に列に並んで購入した方が良い。今回、JALを使用したのでターミナル2に到着したが、そこのカウンターが混んでいたため、事前情報に従って別フロアやターミナル1への連絡路部分にあるという空いているカウンターに行こうとしたが、探しても中華電信のカウンターを見つけられなかった。仕方なく元のところに戻ったら、すんなり買うことが出来た。骨折り損のくたびれもうけ。
2016091901 (追記)
改めて桃園空港のホームページで調べてみたら、自分たちが探していたところとは反対側のブロックに中華電信のカウンターがあったようだ。現地でも、やたらと反応の遅い電子案内板を操作して探したのだが、焦っていたので表示を見ても気づくことが出来なかったのか、本当に無くなってしまったのか……。まあ、焦りは禁物ということで。

2)キャリアについて
 今回利用した中華電信(Chunghwa Telecom)で問題なし。龍華科技大のホール(大会会場)だと3G接続だったが、その他の殆どの場所ではLTE接続することが出来た模様。ローミング中のスマホは、気づいたら遠傳電信(FarEasTone)になっていたりしたが、中華電信はBAND3とBAND8、遠傳電信はBAND3とBAND28なので、docomo系のスマホやルーターであれば、中華電信の方がLTEで繋がる可能性が高いはず。なお、桃園空港で入国審査前にカウンターがある会社は、docomo系だと対応するLTEバンドが少なかったりするので、安くてもオススメではないと思う。

3)プリペイドSIMの開通
 特定の番号に発信する必要もなく、APN設定をすれば完了。

4)ルーターについて
 ググって調べた事前情報としては、

  Aterm MR03LN 3G接続可能。古いファームならLTE接続出来る。
  Aterm MR04LN LTE接続可能。

 ということだったで、両方を持ち込んでみたが、結果は、

  Aterm MR03LN 3Gでのみ接続可能。古いファーム(Ver.1.2.0)でもLTE接続不可。
  Aterm MR04LN 何の問題もなくLTE接続が可能。

 だった。MR04LNはDual SIMなので、ルーターの設定を追加するだけで、通常接続しているPCやタブレットがそのままネット接続出来るので、チョー便利。ただし、プリペイドSIMはnano SIMをアダプタでmicro SIMに変換しており、SIMの抜き差しを繰り返しているとアダプタから外れやすくなるようなので、注意が必要。あやうくSIMスロットを破壊してしまうところだった。

5)docomoスマホ(タブレット)のSIMロック解除
 事前に調べていたら、docomoのスマホはSIMロック解除をしてもWiFiテザリングは出来ない…という情報があったので、ルーターは必須だと思っていたが、AQUOS PAD(SH-06F)のSIMロックを解除したものに中華電信のSIMを挿入してみたところ、何の問題もなく、WiFiテザリングを使用出来た。しかし、改めてググってみたら、どうもSHARP製端末は出来るけど他の会社のものは出来ないとかなんとか……。まあ、ルーターを使うのが確実か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾大会2日目(本戦)

今年もクラシック競技とロボトレース競技に参加。両競技共に完走はしたものの、入賞圏は遠かったweep って、4年もの(ほぼ未調整)のマウスと、未だ加減速走行にバグのあるトレーサーでは、入賞するのを期待するなんて厚かましい話だけどbleah

しかし、やはり運営に関わらない大会への参加は楽しい。特に台湾大会はSu先生が色々とおもてなしをして下さるので、心から楽しめるhappy01 本当にありがとうございます。

おかげさまで大会参加意欲が回復したので、帰国したら新作トレーサーの製作を頑張ろう。


おまけ1 今年のネタドリンクhappy02
Dsc01949
特上檸檬茶って、そのまんまレモンティーなんだけど、「爆汁檸檬入り」って書いてある通り、レモン味がかなり強かった。まあ、おいしかったけど。
「緑茶多酚」って書いてある乳酸菌飲料は……まあ、こんなものかな?coldsweats01

おまけ2 勝手にH氏の敗因を分析wink
Dsc01813
出走前に地元女子に「ファンです」と言われてデレデレしていたからbleah

……ウソだよ? 羨ましいなんて、少ししか思ってないよ?bearing>H氏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾大会1日目(試走会)

今年も台湾大会に参加。

例年なら、ホテルに戻ってきた後はコンビニに行って、面白そうな現地のドリンクやスナックを仕入れてくるんだけど、今年はホテル到着が遅かったため、皆お疲れモードとなり、買いに行くことが出来なかった。残念。

ということで、いつものネタドリンク写真の代わりに、台湾大会でお披露目した新作トレーサーの写真を公開しておきますhappy02

Dsc01764最近のドローンの流行を見れば、誰もが同じようなことを考えるだろうけど、多分やらないであろうものbleah
因みに、開発コードネームは「オスプレイ」。その理由は……

Dsc01766これ、ティルトローター機なのですcoldsweats02

減速時は前傾させて逆噴射。

Dsc01765加速時は後ろ向きにして、ブーストオン!

つまり、これは決して吸引機構ではないのですよwink
これがどれぐらいの効果を発揮するかは、全日本大会で……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »